--年--月--日スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年04月26日201系京葉車両センターK2+Y52編成 長野へ

高尾以西×青201
201系Y52+K2@梁川~鳥沢

JR東の201系は残り2編成、1編成動いてないから実質1編成…
スポンサーサイト

2011年04月22日朝の東金線

水田×201
水田×201@大網~福俵

水田地帯を走る通勤電車…このギャップ感がたまらん

2011年04月06日大阪へ

4月6日 -大阪-

201系の回送を撮影後、岡谷JCTをいつもの東京方面ではなく名古屋方面へ、一路大阪へ。

今回の目的は、京阪神緩行線に復活した205系の撮影が80%と大阪の鉄道を楽しむが18%、その他2%…。
深夜に到着し漫画喫茶で情報収集、大阪の友人宅に車を止めさせていただいて始発電車から撮影開始。

205系Tc36~@山崎205系は平日ラッシュのみ限定運用で、高槻より先、京都まで行くのは早朝一往復のみ、あとは高槻~尼崎の区間運転。

露出もないので高感度がそこそこ使えるカメラになったので高感度で京都行きを山崎駅大阪方駅先で、京都側はゼロ角度で撮れるのでそこで撮影。

スカイブルー帯から、207系・321系と同じ配色とイメージを一新、なかなかカッコイイです。

京都往復のある運用番号はA42だった気がしますが、A41表示でした…。
△A42-513C 宮原総合運転所205系Tc36以下7両 山崎にて

2011年04月05日201系京葉車両センターK3+Y53編成 長野へ

201系ケヨK3+53@上野原中央線の201系が引退以降、東日本最後の201系となった京葉線分割編成が遂に長野へ回送されました。

←蘇我
K3   Tc111 MM'225 T'c111
Y53   + Tc112 MM'226 MM'226 T'c112

この編成の8号車モハ200-225のクーラーが2009年8月に交換されて鋼製キセのAU75DHでしたね。

順光になる上野原でカッチリといつものアングルで
駅バックの桜はまだでした…。
△201系ケヨK3+Y53編成 上野原にて

2011年04月03日武蔵野線205系の台車のこと(訂正)

ふと気づいた台車の話…

山手線205系のクハ1~31 モハ1~93 サハ1~62がDT50・TR235、それ以降がDT50D・TR235Dを履いて新製されました。
(参考資料:鉄道ファン92-1 鉄道ホビダスRailMagazine台車近影:DT50D

メモ1:クハ1~31 モハ1~93 サハ1~62は軸受は方つば式密封ころ軸受JC30、それ以降は両つば式のJC32
メモ2:クハ1~48 モハ1~144 サハ1~96は空気バネ下形状「台形」、それ以降は「六角形」
(参考資料:旅客機と国鉄車両画像のページ 鉄道車両画像のページ 205系)

軸受が変更になって形式変更されたのか、空気ばね下の形状変更で形式変更されたのか…
どっちなんでしょう?多くの資料が前者で形式変更になってるのですよ…。

現在、山手線205系一部は武蔵野線へ転属し、モハユニットは制御装置のVVVF化と台車の改造、交流モーターに交換DT50系列からDT70系列に台車の形式が改番されました。

資料集めに台車のチェックしてたところ、新製当初DT50Dを履いて出場している後期車に初期車が履いているはずのDT50から改造された台車を履いている車両いました…。

DT50を履いていた初期車が台車を振り替えたという話はありますが、その逆も発生している模様で…。
転属改造途中か、山手線在籍時に振替等が行われた可能性あるみたいです。

検査入場時に台車って交換するものでしたっけ?
DT50と同形状のDT50Dが存在します。

DT50.jpg
△上:DT50D 前期 改造の台車 (モハ205-5012(141))  
△下:DT50D 後期 改造の台車 (モハ205-5054(153))
どちらも新製時はDT50Dを履いていたはずなのだが…
銘板を見ると両方共DT50Dでした。

2011年04月01日209系ケヨM73編成TK出場

209系ケヨM73@市川3月25日に東京総合車両センター入場した京葉車両センター所属の209系500番代M73編成が検査を終え出場しました。

それにしても学生鉄が多いこと多いこと…
△試8397M 209系ケヨM73編成 市川にて
Copyright © 2010-2011 げんけいは All Rights Reserved.
»admin
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。